読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らむど夢幻 Lamdo Mugen

マオ・ラムド/アニメーター 大橋学のミニブログ

2012年再び入院編・記録 パート4

ニュウイン

Mao Cloudブログより過去記事を移動しました:アトリエCLOUD

 

『再び入院編・記録』の日記が続いていますが、さぞかし面白くなく、つまらない事だろう・・・と、想像します。

(もし、この日記をのぞいて読んで下さる人が居ればですが)

 

今日現在、5月4日はすでに退院しており、もう自宅で過ごして9日目となります。

日常的には近くをさんぽしたり、書きものしたり、食事もなるべく作って

(簡単にだけど)食べたりしてリハビリに励んでおります。

この入院中の事は「何故入院となったのか? 」と、その反省の意味も込めて・・・

書きながらーその「何故?」を、どうしても自分自身が知りたいために

ー 最後まで続けてみたい・・・と、思っています。

あたりまえの日常では病院というものは、た・い・く・つ・な世界でしょうが・・

自分にとっては、異・次・元・の世界そのもので・・・

この世界を(記憶)と(記録)に残しておきたいと思います。

そして、納得した上で書き終えたら、もう入院日記などは二度と書かなくとも良いように・・・

もう少し夢を感じる(それはアニメーション!?) 現実に身を置きたいな・・・ と、考えています。

マオさん

 

それでは、又、しばらくは再び入院日記に戻りますー

 

 

f:id:MaoLamdo:20120504013326j:plain

新しい散歩コース発見!

 

2012年4月13日。

夜中に一時的だけど、点滴が外された!

外れているのに寝ぼけてトイレに点滴棒を持って行こうとしてる自分を発見。

あれ〜っ?!それでも久しぶりに寝返りをうちながら眠れたのは良かった。

相変わらず下からはグリーンの便通有り。

もうこれで最後では!?と、何度も思ったが・・・

少し時間がたてば又出る・・・の、繰り返しなので、もうこれで最後の便?

と思うのは止める事にした。

でも、鼻の管が外されたのは早かった気がするねー

(もう直ぐにでも解決するんじゃない?と、思ってしまったから) ま、いいか。

いずれ終わりは来るだろう・・・それまでは頑張ろう!

AM8:55ー朝回診。

院長の話「明日辺り、流動食から始めて見るか?」と、

患者に説明するんじゃなく若手のみんなに知らせる、と言う感じで。

少し後で担当医のF先生が来て、補足説明をしてくれました。

「食べて様子を見て行く感じですねー」 更に後で看護師さんも来て、

「残念な知らせですが、流動食を続けてみて、又お腹が痛くなるかをチェックするのです」と言う事を説明してくれました。

言って見れば[流動食テスト]ですねー。

(流動食中は栄養が足りないので、点滴と複合し、1日大4本と少2本。終われば点滴は外されるとの事だ)

それでもとりあえず、一歩は確実に進んでいるから・・・有りがたいです。

 

夜、遅めにsyo-chan来てくれる(仕事の帰りだから大変だー)

帰る時、一緒に病院の玄関まで見送りに行ったら、スゴい雨だ!

傘がないので、病室にある折りたたみの傘を取りに戻ってもらった。

それからあらためて見送って・・・

雨を眺めながら一服し、 じきに消灯なので病室に戻った。

 

f:id:MaoLamdo:20120504012934j:plain

 

直ぐに患者着に着替える(21時、早い消灯になります)

そして・・・消灯後にテレビを付けてたら、問題の看護士に注意される!

(少しうるさく言い過ぎじゃないですか?!小言を言うひとは二人のみ!真面目過ぎは良くないぞ!)

ふん!たったの5分のスポーツニュースが見たいだけだよー!

 

・・・つづく